アップルの開発者向けイベント「WWDC2015」のメモ

スポンサーリンク

アップルの開発者向けイベント「WWDC2015」が、日本時間で6月9日の午前2時から開始されました。もう既に今更感がたっぷりですが、メモがてら気になるところをまとめておきます。

iOS9

一番気になっていたのがiOS9でした。iOS9はiPhone4Sにも対応するとの噂がありましたが、噂どおり対応デバイスにiPhone4S、iPad2、iPad miniが含まれていました。
iPhone4Sは2011年10月に発売された機種で発売から4年近くも経過しているにもかかわらず最新OSのアップデート対象となりました。ただし、iPhone4Sに搭載されるiOS9は機能限定版とのことなので、どの程度限定されるのかが今後注目したいところです。

Move to iOS

iOS9には「Move to iOS」と呼ばれる面白いアプリが搭載されることになりました。これはAndroid機からデータなどをiPhoneに移行するためのアプリです。Appleがこのようなアプリを出すというのは少し驚きです。
このアプリの面白いところは移行が完了するとAndroid端末側に「Apple Storeで無償で引き取ります」と表示されます。海外はわかりませんが、日本国内に限って言えばスマートフォンは買い取ってくれる店がたくさんあるのでAppleに無料で引き取ってもらうぐらいならどこかに売却したほうが良いです。

「Swift 2」がオープンソースに

私もエンジニアの端くれとしては「Swift 2」がオープンソースになったことは大きなニュースでした。
「Swift 2」とはApple製のOSであるiOSやOS X用のアプリを作成するためのプログラミング言語です。これまではOS Xでしか開発することができませんでしたが、オープンソースとなることでLinux等でも開発をすることができるようになります。詳細はまだ不明ですが、今年の終わりごろには公開されるようなので注目しておきたいポイントです。

まとめ

今回のWWDC2015はAppleの「焦り」のようなものが見えた気がしました。世界的にはAndroidの方がシェアが高いので焦りは当然のものかもしれませんが、日本ではiPhoneのシェア圧倒的なので不思議な感じがしました。「Swift 2」のオープンソース化など間口を広げる施策もありますので今後どのように動くかが楽しみです。