リングシリーズ

読書感想文

鈴木光司の小説『ループ』を読んでみた

リング3部作の3作目であり、全ての伏線が回収される作品です。と言っても「それなら何でも“あり”じゃねぇか」と言う結末でもありますが、“リング”“らせん”と読んできた人であれば読了しておくべきでしょう。
読書感想文

鈴木光司の小説『らせん』を読んでみた

リングシリーズの2作目です。リングは映画やドラマなどで何度も見ていましたが、『らせん』は映像で見ると何故か眠ってしまうので、今さらながら原作を読んでみました。