炭酸水の飲用はメリットも多いですがデメリットにも気を付けましょう

スポンサーリンク

健康のため、美容のために炭酸水を飲用している人は多いと思います。炭酸水の飲用はメリットが大きいのでどんどん飲用するべきだと思いますが、デメリットを理解しておかないとダメです。

「炭酸水」とは?

炭酸ガス(二酸化炭素)を含む水のことです。ここではコーラーやサイダーなどの炭酸飲料は除いた単純な炭酸水について書いていきます。

「炭酸水」のメリット

炭酸水を飲用することは様々なメリットがあります。

  • 疲労物質である乳酸を体外に排出してくれるので疲労回復が期待できる。
  • 炭酸によって腸の蠕動運動が促進されるので整腸作用が期待できる。
  • 炭酸によって酸素欠乏になるので回復のために血流が増え血行増進が期待できる。
  • 炭酸によって胃が膨らむので食事の前に飲用すると早く満腹感が得られ、ダイエットが期待できる。

また、飲用だけでなく洗顔などに使用すると炭酸が古い角質などを除去する効果が期待できます。

「炭酸水」のデメリット

炭酸水はメリットだけでなく少ないですがデメリットも存在します。特に逆流性食道炎の人は症状を悪化させることになるので飲用は控えたほうが良いでしょう。

  • 炭酸水は食欲を増進させるので満腹感を得るまで飲まないと食欲が増してしまう。(300~500ml程度)
  • 炭酸を胃から吐き出すゲップが胃酸の逆流を助長してしまい逆流性食道炎の原因になったり逆流性食道炎の人は悪化する可能性があります。

炭酸水の作り方

炭酸水を毎日一定以上飲むのであればコストパフォーマンスが気になるところですが、自宅で簡単に格安で作る方法があります。

材料

  • 水:500ml
    水道水で問題ありません。気になる人はミネラルウオーターでも良いですがコストパフォーマンスが上がってしまいます。

  • クエン酸:小さじ1(約4g)

  • 重曹:小さじ1(約4g)

    掃除用に販売されているものは食用に向かない可能性がありますので必ず食用の重曹を使ってください。

作成手順

水にクエン酸と重曹を入れて混ぜるだけです。

塩分に注意

クエン酸と重曹で作られた炭酸水にはクエン酸三ナトリウムが含まれますのでナトリウム摂取量に制限がある人や気にする人は市販されている水と二酸化炭素のみの炭酸水をオススメします。

まとめ

  • 炭酸水はメリットが大きいがデメリットにも注意
  • コストパフォーマンスを考えるのであれば自宅で作ることもできるが塩分に注意