就職活動の面接における「逆質問」

スポンサーリンク

就職活動の面接で難関の1つが逆質問です。この逆質問が合否を分ける場合もあるため慎重に用意しておきましょう。

「逆質問」とは?

いつの頃からか使われるようになった「逆質問」と言う言葉。「逆質問」とは面接の最後に面接官から言われる「何か質問はありますか?」と言う言葉に対して、こちらから質問することを言います。
「何か質問はありますか?」と言う言葉は9割ぐらいの割合で言われるので、面接に挑む場合には必ず質問を用意しておきましょう。

「逆質問」の例

1次面接(人事や部署などの担当者レベル)

人事担当者や部署担当者などが行う1次面接のレベルであれば、社内の雰囲気などに触れると良いです。また、面接官が回答に困らない質問をすることです。人事担当者などは自分の発言が責任問題になることを嫌うので、あまり突っ込んだことを聞いてもどちみち回答はしてもらえません。

  • 「社員数に対する各年代の割合はどれくらいですか?」
    年齢の割合を聞くのは非常に大切です。特に30代が少ない会社は新入社員が20代のうちに大半が辞めてしまう事を示しておりブラック企業の可能性が高いです。
    会社の規模に応じて、“会社全体に対しての割合”なのか“所属を希望する部署に対する割合”なのかを臨機応変に変更すると良いです。

  • 「今回募集されている職種に携わっている人は何人いますか?」
    私が当時希望していたのが社内SEだったので社内SEとして働いているのが何人いるか確認する目的で毎回質問をしていました。年齢層と合わせて質問すると、その流れで社内の雰囲気など話を膨らませることができるので便利な質問です。

  • 「今回の募集は退職に伴うものですか?人員の追加ですか?」
    募集の背景を聞くことがとても大切です。特に退職に伴う募集である場合には、退職の原因を聞いておくと良いでしょう。退職の原因が自分にも当てはまってしまう場合には入社してもすぐに退職してしまう事になりかねないので末永く働いていくためにも聞いておくと良いです。また、「既に退職したかどうか」も合わせて聞いておきましょう。すでに退職済みの場合には引き継ぎはどうするのかを確認しておかないと入社してから困ることになります。

  • 「面接から入社までのスケジュールを教えてください」
    質問に困った際に私が使用していた質問です。希望する入社日等がある場合は、この時点で伝えておくとスムーズに進めてもらえることがあります。

  • 「教育制度はありますか?」
    福利厚生の一環で通信教育やセミナーなどを受講できる場合があります。どんなものを受講できるか聞いておくのも良いでしょう。

最終面接(役員面接や社長面接レベル)

役員面接や社長面接の場合、今後の展望や経営に関する話をすると盛り上がります。

  • 「今、注目している分野はなんですか?」
    役員など会社を経営する立場の人間であれば、常に次のマーケットを考えているものです。これに対して回答できない場合には会社の将来性に不安が残ります。

  • 「新規事業に興味があります。現在の事業の他に新規事業を行う予定はありますか?」
    新規事業を考えていない経営者は居ません。もし居たとしたら数年で潰れるので入社しないほうが良いです。役員面接でこの質問をすると話が盛り上がります。

「何か質問はありますか?」と言われないときは・・・

難しいところです。私の経験では9割ほど不合格の場合です。ただ、ごくまれに内定を貰えることもあるので「何か質問はありますか?」と言われなかったと言ってあきらめる必要はありません。
「何か質問はありますか?」と言わない理由は大きく分けて3つあります。

  • 単純に忘れていた
    中小企業に多いです。面接が複数回あって1次面接で言われない場合は単純に忘れている場合が多いので気にしないほうが良いでしょう。

  • 面接の内容を検討するまでもなく不合格
    面接の連絡はしたが既に内定者が決まってしまった場合の消化面接の場合には言われません。ただ、こう言った面接の場合は面接をしている時点で面接官にやる気が感じられず「不合格だな」とわかるので、面接の結果を待つことなく気持ちを切り替えましょう。

  • 面接の段階で内定を決めた
    既にほかの面接が終わり、あなたの面接が最後であり、あなたに内定を決めていれば余計な質問をさせずに内定→入社と進めさせたい場合に聞かれないことがあります。ただ、逆に言えば聞かれては困ることがあるということでもあるので入社はあまり勧められません。

聞きたいがどうしても聞きにくい

給与や待遇、残業など聞いておきたいがどうしても聞けない質問はいくつかあると思います。聞くことで悪い印象を持たれて不合格になることもあります。
どうしても聞いておきたい場合には転職エージェントを使って就職活動を進めると良いでしょう。質問は転職エージェントを通して行うことができるので、相手に悪い印象を与えずに情報を得ることができます。

転職エージェントに関しては「在職中の転職活動には転職エージェントに登録すると捗ります」を参照してください。