無料の『LibreOffice』で履歴書や職務経歴書をパソコンで作成しよう

スポンサーリンク

履歴書や職務経歴書をメールで送ってほしいなどと言われパソコンで作成することがあると思います。多くはMicrosoftが販売しているOfficeを使用すると思いますが、Officeは高いので無料で使える『LibreOffice』を使いましょう。

『LibreOffice』とは?

フリーソフトウェアとして自由にダウンロードし使用・再配布することができる無料のOfficeソフトです。MicrosoftのOfficeソフトとの互換性を持たせるように作られておりWordやExcelファイルの閲覧・編集なども可能です。

インストール方法

インターネット上から無料でダウンロードしてインストールすることができます。

ダウンロード

  1. LibreOffice」にアクセスし『ダウンロード』をクリックします。

  2. LibreOffice最新版のダウンロードページが表示されるので『ダウンロードバージョン○.○.○』をクリックします。

    “○.○.○”はバージョンによって“5.0.1”などと変わります。

ファイルがダウンロードされれば完了です。

インストール

  1. ダウンロードしたファイルをダブルクリックするとインストールが開始されるので『次へ』をクリックします。

  2. インストールの種類を選択します。ここでは『カスタム』を選択し『次へ』をクリックします。

  3. インストールする機能を選択します。特に理由がなければ変更せずに『次へ』をクリックします。

  4. Microsoft OfficeのWordやExcelに対しての関連付けを行うことができますが、互換とはいえ100%ではないのでチェックを全て外すことを推奨しています。設定したら『次へ』をクリックします。

    『関連付け』とはファイルをダブルクリックした際に自動的に起動するソフトウエアを決める設定を指します。すでにMicrosoft Officeがインストールされている場合には絶対にチェックをしてはいけません。

  5. インストールを開始しますので『インストール』をクリックします。

れでLibreOfficeのインストールは完了です。

『LibreOffice』で使える機能

Microsoft OfficeのWordやExcelなどのようにいくつかのソフトウェアに分かれています。それぞれの機能は以下の通りです。

WriterCalcImpressDrawBaseMath
Writer MS-OfficeのWordにあたるワープロソフトウェア
Calc MS-OfficeのExcelにあたる表計算ソフトウェア
Impress MS-OfficeのPowerPointにあたるプレゼンテーションソフトウェア
Draw ドローソフトウェア
Base MS-OfficeのAccessにあたるデータベース管理ソフトウェア
Math 数式エディタ

『LibreOffice』のテンプレート

Microsoft Officeとの互換性があるので、WordやExcelのファイルを開くことができます。そのため、インターネット上にあるWordやExcel用に作成された履歴書や職務経歴書などのテンプレートをそのまま利用すると良いでしょう。

ハローワークインターネットサービス – 履歴書・職務経歴書の書き方

PDFに変換すると便利

作成した履歴書や職務経歴書はPDFへ変換しておくとコンビニで印刷ができたりと便利です。