未経験者でも大丈夫な『ITエンジニア向け』志望動機の書き方

スポンサーリンク

就職活動をしていると迷うのが『志望動機』でしょう。数多い転職回数の中で培ったノウハウをサンプルとともに公開しておこうと思います。

対象の人物像

私自身は『SE(システムエンジニア)』や『PG(プログラマ)』、『社内SE』への転職を経験しています。転職は4回と多く、何十社も面接試験などの採用試験を受けました。その中で内定をもらったものはもちろん、ウケが良かった志望動機を紹介していきます。

履歴書に書く志望動機は簡潔に

よく履歴書の志望動機欄を小さな字で埋め尽くしている人がいますが、読む側に立つと非常に読みにくく書類選考で落とされる可能性が高いです。
そのため、ある程度大きな字で簡潔に書くようにしましょう。また、面接時に話す志望動機は履歴書に書いてある内容を「読む」のでは無く肉付けして「話す」ようにすると非常に好評得ることができます。

また、相手企業のことを履歴書などに記載する場合には『貴社』と書き、面接などで話す場合には『御社』と言います。そのため、面接時に履歴書の内容を読んでしまうと『貴社』と無意識に言ってしまう事があるので注意しましょう。

SE・PGへの転職

SE(システムエンジニア)やPG(プログラマ)への転職時に使える志望動機です。

未経験者・新卒・第二新卒の場合

エンジニアは『技術職』なので技術経験が必要なように思われますが、プログラムやシステムエンジニアは人手不足が深刻であるため、ある程度のやる気があれば採用することが多く、システム会社は未経験者・新卒・第二新卒を積極的に受け入れている場合も多いです。

そのため、社内の技術教育・技術研修に力を入れているので、その点を重視して志望動機を固めるとよいでしょう。

未経験な職種なため貴社の教育制度に魅力を感じております。しっかりとした教育制度の中で、早く技術を身に付け業務に生かしてゆければと思っています。

20代・30代の経験者の場合

20代後半や30代の経験者になると『これまでの経験を生かすこと』を重視した志望動機が良いです。これまでやってきた技術を中心に新しい技術への探求心を含めることを忘れないようにします。

これまではJavaを中心としたWebシステムの開発に従事してきました。御社は○○系の開発が多いことから魅力を感じていおります。これまでの経験を生かし新しい技術を身につけて、貢献して行ければと思います。

社内SEへの転職

社内SEはシステムエンジニアやプログラマと違い技術者と言うよりは社内向けの『サービス業』に近い職種です。技術に探求する姿勢よりも、どれだけ社内業務に貢献できるかを主軸に置いたほうがよいです。

これまでに○○の開発を多く行ってきました。これまでの経験は貴社の○○の業務に対して充分に生かして行けると思います。○○業界の業務知識は浅いので、経験を活かしつつ業務知識を身に着け貢献できるよう成長してゆきたいと思います。

まとめ

落ちた企業であっても志望動機はメモを残しておき次に応募する企業でベースにしつつ修正を加えて改善していくと良いでしょう。