ミネラルウオーターで水分補給するなら硬水のものを選びましょう

スポンサーリンク

ミネラルウオーターは大きく分けて「硬水」と「軟水」の2種類があります。日本で一般的に売られているミネラルウオーターは「軟水」が多いですが、せっかく飲むのであれば「硬水」のミネラルウオーターを飲むと良いですよ。

「硬水」と「軟水」の違い

「硬水」と「軟水」はミネラル含有量の違いです。ミネラル含有量が少ないと「軟水」、多いと「硬水」になります。

「硬水」を飲むメリット

「硬水」は「軟水」に比べて多くのメリットがありますので積極的に飲用したいです。

  • 便秘の改善に効果が期待できます。
  • 代謝が促進されるのでダイエットの効果に期待ができます。
  • ダイエットで不足しがちなミネラルを摂取することができます。
  • 体の老廃物を排出する効果が期待できます。

「硬水」を飲むデメリット

メリットがあればデメリットもあります。一度に大量の飲用は控えて自分の体質に合わせて少しづつ試してみましょう。

  • 飲みにくい(不味い)
  • 胃や腸に負担がかかるので弱い人は下痢などの症状が出ることもある

「硬水」が不味くて飲めない

「硬水」はミネラル含有量が多いため、軟水に慣れた日本人の口には合わない場合が多いです。「硬水」をできるだけ飲みやすくする方法は冷やすことです。キンキンに冷やすと「硬水」独特の口当たりが滑らかになり飲みやすくなります。また、「硬水」の中でも炭酸水だとさらに飲みやすくなります。また、炭酸水であれば炭酸水のメリットも併用して享受できるのでオススメです。

「硬水」が合わないもの

メリットが大きい硬水ですが、合わないものもあります。特に料理などは使い分けが必要で和食には軟水が適しています。逆に肉料理やパスタ、ハード系パンなどは硬水で作るとよりおいしくなります。

また、薬は硬水のミネラル分と結合してしまう恐れがあるので「軟水(水道水がベスト)」での服用が望ましいです。

まとめ

  • ミネラルウオーターを飲むのであれば「硬水」がオススメ
  • 「硬水」はメリットが大きい
  • 硬水&炭酸水の合わせ技