家族や友人に無職がばれないようにしたい時には

スポンサーリンク

私は実家暮らしで家族や友人に黙って会社を退職したので、退職後も出社するふりをしていました。日中は家にいられないので色々と工夫をして生活していました。

日中の居場所

ネットカフェ(マンガ喫茶)

私は日中のほとんどをネットカフェ(マンガ喫茶)で過ごしていました。ネットカフェ(マンガ喫茶)はネットがあるので転職サイトを見て求人を探すこともできるし応募もできます。USBメモリを使えば自分の環境で作業をすることもできます(詳細は「」を参照してください)。
ネットカフェの料金は、平日であれば早朝割引で5時間1,000~1,500円ぐらいで使えます。当初は毎日利用していましたが、料金の負担が大きくなってしまい、転職終盤は利用をやめてしまいました。

市立図書館

ネットカフェ(マンガ喫茶)だと経済的な負担が大きいので図書館に居ることを多くなっていました。図書館はお堅い本だけでなくラノベや雑誌なども置いてあるので時間を潰すにはもってこいです。
私が使っていた図書館は、パソコンも使えたので自分のノートパソコンを持参して作業をすることもありましたが、インターネットが使えないところも多いのでインターネットを使用したい場合には回線を別途用意する必要があります。

カフェ・ファストフード店

数時間の暇つぶしであれば、カフェやファストフード店が良いでしょう。マクドナルドは100円でコーヒーが買え、なおかつ平日の昼間はほとんど人がいないのでのんびりと過ごすことができます。禁煙の店が多い(全部?)ので、喫煙者には向かないかもしれません。
カフェであれば200~300円でコーヒーを飲むことができます。分煙されているので喫煙者でも問題ありません。また、カフェはノマドワーカーな人が多いので長時間いても居心地が悪くなることもありません。

ノマドワーカーとは・・・自宅や会社など特定のオフィスを持つことなく、カフェやファーストフード店などで仕事をする人のことを指します。ちなみに“ノマド”とは「遊牧民」と言う意味です。

無職を隠すなら健康保険と年金の手続きに注意

国保(国民健康保険)

会社を退職すると、ほとんどの場合は国保(国民健康保険)に加入することになります。この国保(国民健康保険)は曲者で請求が世帯主に届きます。
一人暮らしや自分が世帯主であれば、ばれにくいですが親などが世帯主の場合には請求によって退職したことがばれてしまう恐れがあります。
そこで、国保(国民健康保険)の手続きの前に世帯分離しておくことをオススメします。

世帯分離とは・・・住民票上で世帯を分けることで、現在の世帯主とは別に自分が世帯主になることができます。こうすることで、自分の国保(国民健康保険)請求を自分自身のみにすることができます。
市役所や区役所によって対応が違いますが、私の市では退職の手続き時に世帯を分けるか問われました。「できない」と言われることが多いみたいですが「生計が別」と言えば分けられることが多いです。

国民年金

無職の場合、国民年金は保険料免除・納付猶予の申請をすることができます。しかし、申請をすると申請の可否について郵便物が届いてしまうので、退職したことが家族にばれてしまいます。そのため、ある程度余裕があるのであれば保険料免除・納付猶予の申請はしないほうが良いでしょう。
ただし、国民年金は月に1,5000円程度を納めなければならず無職には経済的負担が大きいので、あまり貯蓄が無い場合には素直に申請してしまったほうが良いでしょう。

正直に話したほうが協力を得られる

私は2年ほどの無職期間を経験しました。その間、家族はもちろん友人にも黙っていましたが、やはり隠しているのは非常に気を使って疲れます。
そのため、正直に話してしまったほうが周りの協力を得られやすく就職・転職活動もスムーズに進むのでは無いかと思います。