入社試験の筆記試験が『独自に作られた問題』の場合は注意!

スポンサーリンク

入社試験の筆記試験に使われるのは『SPI』が多いですが、中には「社内で独自につくりました」と言う会社もありますが、そんな会社は要注意です。

筆記試験を作るのは難しい

教育関係の企業に勤めていますが『筆記試験を作る』と言うのは非常に難しいです。特に「試験結果を分析する」と言うのは専門家が存在するぐらいの領域なので、独自に問題を作成し、独自に分析するなどと言う企業は避けた方が良いでしょう。

統計が取れるかが重要

ただ、大企業であれば「専門業者に独自の試験問題を作らせる」と言ったことをしていることが多いので心配はいらないでしょう。また、1年で何人もの入社希望者が居るため試験を受験した母数も多いので統計としては問題ないと思われるので安心できるでしょう。

くわえて、ここ数年で始めたわけでは無く、何年も何十年も前から同様の筆記試験を行っている場合でも、それだけ母数が多くなるので統計的な問題はなくなり安心できます。

某有名企業の真似は避ける

特に某有名企業を真似たような試験問題を出してくる中小企業では、間違った分析をしていることが多いので、すでに入社している社員には能力にばらつきが生まれ、社内がギスギスしていたりと社内環境が良くないことが多いので注意したほうが良いです。

対策が立てにくい

そもそも独自に作られた試験問題の場合では、SPIなどのように試験問題をあらかじめ予測したりと対策をすることができないので、一発勝負になりがちです。そのため、「偶然に得意分野の問題が出た」と言うような場合もあるので、能力を図る上では非常にムラが多く出やすく、「運の良い人間だけが合格する」ような試験になりがちです。

まとめ

入社試験では入社面接や筆記試験が行われます。すでに入社している社員も同じような試験を突破して入社しているので、「変な筆記試験」、「変な面接試験」に出くわしたら注意したほうが良いでしょう。

もし仮に入社できたとしても、社内の雰囲気は良くないかもしれません。