就職活動・転職活動の必須アイテム『USBメモリ』を1つは持っておきましょう

スポンサーリンク

就職活動・転職活動に必要なものと言えば、スーツや靴などの服装に関わるものから、履歴書や職務経歴書など提出物など色々とありますが、私が必須アイテムにしていたのが『USBメモリー』です。

USBメモリーとは?

パソコンに保存されている写真や動画、文書データなどを持ち歩くことができる外部メディアと呼ばれる機器です。 USBはパソコンに直接接続できるので、USBメモリだけを持ち歩けばパソコンのある場所なら、どこでもデータの出し入れをすることができます。

持ち歩きたい電子データ

USBメモリーに以下のデータを保存しておくと就職活動・転職活動中に便利に使えます。

  • 履歴書の電子データ
  • 職務経歴書の電子データ
  • 証明写真の電子データ

コンビニでフル活用

最近の大手コンビニエンスストアでは『複合機』が備え付けられているのでUSBメモリーを使うとフル活用することができます。
USBメモリーの中にある文書ファイルデータをプリントアウトしたりFAX送信をしたりすることができます。
面接に向かう途中で職務経歴書の印刷を忘れたことに気がついても、USBメモリからコンビニで印刷をすることができます。また、証明写真を印刷することもできます。

ネットカフェでも作業ができる

USBメモリーはパソコンがあればどこでもデータの読み書きができます。したがって面接に行く途中などでデータの作成や修正をしたくなればネットカフェ(マンガ喫茶)などに入れば、いつでもどこでも作業をすることができます。
また、以下のようにUSBメモリーに保存して持ち歩くことができる『LibreOffice Portable(Officeの互換ソフト)』もあるので保存しておけば、ネットカフェのパソコンにWordやExcelが入っていなくとも履歴書や職務経歴書のファイルを操作することができます。
また、ネットカフェのブラウザから転職サイトにアクセスするのはちょっと怖いという人は、USBメモリーに保存できるブラウザ『Google Chrome Portable』や『Mozilla Firefox, Portable Edition』もあるので、合わせて保存しておけば自分の環境で使うことができます。

これらのようなソフトウェアをあらかじめUSBメモリに保存しておくと、USBメモリをネットカフェのパソコンに刺すだけで自分用の環境で作業をすることができるようになります。

まとめ

履歴書や職務経歴書、写真データなどは大切な個人情報です。これらの個人情報が入ったUSBメモリーをもし落として紛失してしまったらと考えると不安になると思います。
最近のUSBメモリーには保存するファイルを暗号化できる商品もあり、強力なファイル暗号化ソフト『LBファイルロック2』がUSBメモリー内にインストール済みです。
そのため、難しい設定をせずともファイルやフォルダーをドラッグ&ドロップするだけで簡単に暗号化することができ、パスワードを知らない他人が内容を見ることができないようにしてくれるので非常に便利です。