寒い季節は栄養ドリンクよりも甘酒を飲もう

スポンサーリンク

寒い季節においしい甘酒ですが、「飲む点滴」と呼ばれるぐらいに栄養豊富なので栄養ドリンクを飲むなら甘酒をオススメします。

甘酒には2種類ある

甘酒と一言で言っても実は「酒粕ベース」と「麹ベース」の2種類あります。今回紹介するのは「麹ベース」の甘酒です。

「酒粕ベース」の甘酒

酒粕とは日本酒などを作成した際に残る固形物です。酒粕に砂糖等で甘味を付けることにより非常に安価な甘酒として販売されています。砂糖を使うのでカロリーが高く、またアルコールが残っているのでアルコールに弱い人は注意が必要です。

「麹ベース」の甘酒

伝統的な甘酒で、甘味がお米のでんぷんがブドウ糖に分解されたものなので飲む点滴と言われています。砂糖を使わないのでカロリーが低くアルコールもありません。

甘酒は夏の季語

甘酒は江戸時代には夏場に飲まれていました。それは甘酒にはビタミン・アミノ酸が含まれているため夏バテの回復に効果を発揮する飲み物だったからです。今でこそ甘酒と言えば寒い季節に温めて飲むイメージですが、冷やしてもおいしく飲むことができます。

甘酒は日本製ヨーグルト

麹の食物繊維とオリゴ糖が腸内環境を整え、便秘や肌荒れなどの予防に役立ちます。 これはヨーグルトと似た働きなので甘酒のことを「ジャパニーズ・ヨーグルト」と呼ぶ人もいるほどです。

高血圧の人にもオススメ

甘酒には「アンギオテンシン変換酵素阻害物質」と言う物質が含まれており、これは天然の降圧剤と言われているので高血圧の人に効果が期待できます。

ダイエットフード

甘酒はその甘さからダイエットには向かないように思われますが、100gで81キロカロリーしかなく、加えて脂質の代謝を促進するビタミンB郡が豊富に含まれているのでダイエット中の人は積極的に飲んだ方が良いでしょう。

まとめ

  • 甘酒は「麹ベース」がオススメ
  • 甘酒は江戸時代に夏バテ防止に飲まれる栄養ドリンク
  • 甘酒は日本製ヨーグルト