iPhone6s シリーズが公式発表されましたが、今回の目玉は?

スポンサーリンク

2015年9月9日にAppleのスペシャルイベントよりiPhone6s シリーズの「iPhone6s」、「iPhone6s Plus」の発表が行われました。毎回、何かしらの目玉を用意しているAppleですが今回の目玉は何でしょう。

iPhone6s シリーズの目玉は「3D Touch」

外観こそ“iPhone 6”と“iPhone 6 Plus”と同じ「iPhone6s」、「iPhone6s Plus」ですが、タッチパネルに仕掛けを組み込んできました。
iPhone6s シリーズのタッチパネルは感圧式を搭載しており“3D Touch”と言う機能により「Touch」だけでなく、押し込むことによる「Peek」や「Pop」と言う3段階の圧力を識別することができるようになりました。

カメラの進化

これまでのiPhoneはカメラに目立った性能はありませんでした(それでも綺麗に撮れますが)。しかし、今回のiPhone6s シリーズでは1,200万画素になり、4K動画の撮影に対応してます。また、スマートフォンのカメラが苦手とする暗所における撮影にも強くなったようです。

iOS9

iPhone6sシリーズの発売に先駆けてiOS9が9月16日にリリースされます。このiOS9はiPhone6sシリーズに搭載されるのはもちろんですが、iPhone4sでも搭載されるので非常に注目したいところです。

キャリアからの販売開始日

Appleは9月12日16時01分から予約受付、9月25日発売開始と発表しました。国内キャリアであるdocomo、auも、それに合わせて予約受付・販売開始を行うようです。

まとめ

今回の目玉である“3D Touch”ですが、「押し込む」と言うのはiPhoneの特徴・売りである直感的な操作と言えなくなってしまっているような気がします。
これまでのiPhoneは「年老いた両親に持たせても使える」と言ったような見ただけで操作がわかるのが良かった点なだけに、今回の進化は複雑な思いがあります。