習志野市役所採用試験の体験記

スポンサーリンク

28歳で会社を辞め公務員になるべく習志野市役所の採用試験(地方公務員試験)を受験した際の記録です。

習志野市役所採用試験概要

私が受験したのは、事務職A方式です。B方式では、文化芸術・スポーツ等で大きな実績をあげた場合に受験できます。習志野市役所の採用試験は第1次試験が筆記試験と作文、第2次試験が面接試験、第3次試験が面接試験です。

応募の仕方

受験申込書は市役所に置いてあります。また、郵送で送ってもらうことも可能ですが、返信用封筒が必要ですので注意してください。

持ち物

中学校が試験会場のためスリッパなどの上履き

試験

第1次試験

試験会場

私は習志野市内の中学校で試験を受けました。中学校と言うこともあり冷房がありません。習志野市役所の採用試験は9月の中ごろに行われますので、まだまだ残暑厳しいさなかでの試験となります。体調には充分に注意して受験しましょう。

服装

これまで市役所の採用試験を受験した際に8割ぐらいの人がスーツを着用していたのでスーツ着用で受験しました。市役所の採用試験はこれくらいの割合なのかもしれません。

筆記試験

習志野市役所の筆記試験は全範囲を行います。全範囲の試験は非常に時間が掛かるのでかなり体力を消耗します。慣れておくためにも模擬試験を何度か受験しておくと良いでしょう。→『[lec-koumuin]』

合格発表

1次試験の合格発表は習志野市の公式サイトで受験番号が公開されます。そのため、受験番号はあまりまわりの人に話さないほうが良いですよ。

最後に

私は残念ながら1次試験で不合格となってしまいました。これで、この年の市役所の採用試験(地方公務員試験)は全滅と言うことになりました。