市川市役所採用試験の体験記

スポンサーリンク

28歳で会社を辞め公務員になるべく市川市役所の採用試験(地方公務員試験)を受験した際の記録です。

市川市役所採用試験概要

私が受験したのは、一般行政職です。
市川市役所の採用試験は1次が筆記試験(教養科目のみ)、2次が面接試験、3次が筆記試験(専門科目のみ)と面接試験です。筆記試験が分かれているのが難点で、2次の面接試験を合格してもその後に専門科目の筆記試験が待っています。

また、年齢制限が撤廃されていた(現在も別枠で募集しているそうです)ので受験者数が異様に多かったのも特徴です。

応募の仕方

受験申込書は市役所に置いてあります。また、郵送で送ってもらうことも可能ですが、返信用封筒が必要ですので注意してください。
ホームページからダウンロードも可能ですが、市役所に置いてある受験申込書は紙が上質なものを使用しているので、自分では印刷せずにできるだけ市役所が用意したものを入手したほうが良いでしょう。

試験

1次試験

試験会場

試験会場は受験者の人数によって変わるようです。私は市内の大学で試験を受けました。
行った事の無い場所だったので試験会場までの道のりで迷わないようにと早めに向かいましたが受験する人が駅から会場まで連なっていたので迷うことはありませんでした。

服装

1次試験は筆記試験のみなので正直迷いましたが、受験当時は無職とは言え大学を卒業した社会人でしたのでスーツを着用していきました。ただ、梅雨の蒸し蒸しした暑い日だったので上着は持って歩き、最後まで着ることはありませんでした。
周りの受験者は8割ぐらいの人がスーツで、残りの2割が私服でした。

筆記試験

市川市役所の採用試験の1次試験は教養科目のみの筆記試験です。教養科目のみの試験なのであっという間に終わります。私はこれが始めての試験だったので練習にもなってよかったです。
試験になれるためにも模擬試験の受験をオススメします。→『[lec-koumuin]』

合格発表

1次試験の合格発表は市川市の公式サイトで受験番号が公開されます。そのため、受験番号はあまりまわりの人に話さないほうが良いですよ。

最後に

私は残念ながら1次試験で不合格となってしまいました。残るは”船橋市役所”、”松戸市役所”、”習志野市役所”です。