船橋市役所採用試験の体験記(A)

スポンサーリンク

28歳で会社を辞め公務員になるべく船橋市役所の採用試験(地方公務員試験)を受験した際の記録です。

船橋市役所採用試験概要

私が受験したのは上級一般行政(A)です。
船橋市役所の採用試験は上級一般行政(A)、(B)と分かれています。(A)、(B)の違いは試験内容で、(A)は通常の試験(教養試験、専門試験)で、(B)は教養試験のみです。専門試験に自信の無い人は(B)を受験した方が良いですが、倍率が高いので勉強時間に余裕のある人は(A)で受験したほうが良いでしょう。

応募の仕方

受験申込書は市役所に置いてあります。船橋市役所はJR船橋駅から少し離れていますので駅前のフェイスビルに船橋市の船橋駅前総合窓口センターがありますので、そちらで受け取る方が良いでしょう。また、休日でも置いてあるので働きながら受験する場合でも取りに行くことが可能です。

ホームページからダウンロードも可能ですが、市役所に置いてある受験申込書は紙が上質なものを使用しているので、自分では印刷せずにできるだけ市役所が用意したものを入手したほうが良いでしょう。

また、郵送で送ってもらうことも可能ですが、返信用封筒が必要ですので注意してください。

持ち物

船橋市役所の採用試験では持ち物にボールペンがあります。私が受験した他の採用試験では必要なかったので忘れないようにしましょう。
また、試験会場はまわりに何も無いところだった(私が受験した当時)ので昼食はあらかじめ用意しておいたほうが良いでしょう。

試験

1次試験

試験会場

私は船橋市内の大学で試験を受けました。駅前が試験会場の大学だったので迷うことなく受験会場に到着できました。

服装

市川市役所の採用試験を受験した際に8割ぐらいの人がスーツを着用していたのでスーツ着用で受験しました。船橋市役所の採用試験でも周りの受験者は8割ぐらいの人がスーツで、残りの2割が私服でした。市役所の採用試験はこれくらいの割合なのかもしれません。

筆記試験

市川市役所の採用試験の1次試験は教養科目のみでしたが、船橋市役所の筆記試験は全範囲を行います。全範囲の試験は昼食をはさんで午前・午後と続き非常に時間が掛かるのでかなり体力を消耗します。慣れておくためにも模擬試験を何度か受験しておくと良いでしょう。→『[lec-koumuin]』

合格発表

1次試験の合格発表は船橋市の公式サイトで受験番号が公開されます。そのため、受験番号はあまりまわりの人に話さないほうが良いですよ。

最後に

私は残念ながら1次試験で不合格となってしまいました。残るは”松戸市役所”、”習志野市役所”です。