アラサーが勢い余って会社を退職したので公務員を目指した

スポンサーリンク

システム会社に5年程度勤めていましたが、あまりにも過酷な環境での労働に嫌気がさし勢い余って退職した後に市役所の採用試験を受験したときのお話です。

公務員試験とは?

よく公務員試験と言う言葉がありますが、国家公務員であれば公務員試験と言う言葉は正しいかもしれませんが、市役所は地方公務員ですので厳密に言えば公務員試験と言う言葉には当てはまらず、ただ単に「市役所の採用試験」と言うことになります。
私が受験したのは市役所の一般行政職(要するに市の職員)なので「市役所の採用試験」を受験したということになります。

受験した市役所

私が受験したのは、千葉県の北西部に位置する”船橋市”、”市川市”、”松戸市”、”習志野市”です。他にも市はありますが、当時受験日が重なっていたために受験できませんでした。面接試験で全滅したので入所には至らなかったですが、28歳と言う年齢で6ヶ月の勉強期間で筆記試験を通過することができたので、その勉強法と受験した市の特徴をお話できればと思います。

受験日程

市役所の採用試験の要項は各市区町村で決めているため、厳密な日程はそれぞれの市役所に問い合わせるしかありませんが、4~5月ぐらいから募集の告知、応募受付が行われて、早い市であれば6月の中ごろには1次試験が開始されます。遅いところでは9月ぐらいに1次試験を行うところもあるので受験する市は早めに確認しておきましょう。

受験資格

受験資格で一番問題になるのが年齢制限です。これも各市区町村によって異なりますので厳密な年齢制限は各市区町村に問い合わせるしかありません。
千葉県の場合はおおむね『29歳まで』としているところが多かったです。私が初めて受験したのがアラサーの『28歳』でしたので本当にギリギリの年齢でした。