引継ぎは大事ですので前任者が退職済みの会社は要注意

スポンサーリンク

毎月言ってる気がしますが、10月に入り応募できる求人ががくんと減ってしまいました。増えてくるはずなんですが。なので久しぶりにハローワークで応募しました。

同じような求人ばかり

求人自体はそれほど減っている感じはしないので、良く探せばあると思うんですが今年は当たりが少ないです。前回2010年に行った転職の時はもう少し良い求人があった気がしますが、やはり流れというものがあるのかもしれません。

妥協するべきか否か

前回の内定を辞退してしまったことを微妙に失敗したと思いましたがいまさら言っても仕方ないです。雇用保険の関係もあるので気持ちを切り替えて次を探します。ある程度は妥協してでも応募はしなくてはいけません。

ちょっと本末転倒な気がしますが仕方ないでしょう。

私が住んでいる自治体では雇用保険を貰うためには月に数回の『応募』が条件になっています。自治体によっては『ハローワークで検索』すればよいだけのところもあるようです。

D社への応募

概要

施工関連の企業で『社内SE』を募集していました。こういった企業での募集は珍しかったです。ハローワークで『紹介状』を発行してもらい、履歴書と職務経歴書などの書類と合わせて送付したところ1週間程度で企業から面接の連絡がありました。

面接

面接官は『社長』と『採用担当者』でした。今まで担当していた社内SEが既に退職していて不在とのことで、システム周りのことが良くわからず面接も何が聞きたいのかわからない感じでした。
退職する前に求人を出せば良いものの退職後に困ったらあわてて求人を出すパターンです。こうなると引継ぎなんてできないので入社してから困ることになるのは必至です。

結果

ただ、私としても後が無い身なので内定がもらえれば入社してしまおうかと心惹かれた部分もありましたが、求人内容を確認したら求職票では『土日休み』となっていましたが、実際には『土曜日は隔週が休み』とのことだったのでその場で辞退して帰宅しました。

『土曜日は隔週が休み』と言う制度を利用している企業は多いです。そういった企業の求人票は『土日休み』と書かれていることが多いので注意が必要でしょう。ただ、嘘とは言いませんが求人票に実際と異なることを書くのはやめてほしいものです。

社内SEの求人には「担当者はすでに退職していてよくわからない」というのが多いですが、よほど自分に自信が無い限りは入社は辞退した方が良いでしょう。