一眼カメラ講座 – 第3回「テーマを考えて構図を決めよう」

スポンサーリンク

前回までは、カメラの基本から撮影の基本について説明しました。今回は、 何を被写体(ターゲット)にして撮影するのか テーマと構図を説明していきたいと思います。

何を被写体(ターゲット)にして撮影するか

撮影する際には必ず写真のテーマや自分の中のコンセプトを決めて撮影します。テーマは撮影の日ごとに決めたり、旅に行けばその旅ごとに決めてもいいでしょう。はじめのうちは色々なものをテーマに決めてみるといいと思います。そのうちその中で自分らしさが出てきます。

構図を覚える

撮影するテーマが決まれば後は撮影するだけです。撮影する際には構図を意識して撮影をします。構図と言うのは一言で言えば バランス です。 リズム と表現したほうがわかりやすい人もいるかもしれません。

建物を撮影する

屋根や手すりなどを意識して撮影します。ただし、あくまでも脇役としてとらえ、メインの主役を撮影しましょう。屋根や手すりは横に長く続くものです。長いものは長く表現することが大切です。

横のラインを生かす横のラインを生かす

風景を撮影する

風景など奥行きのある被写体の場合は、奥行きが生かせるようカメラの 絞り を設定します。

絞り優先モード

絞り優先モードはモードダイヤルを A の部分にあわせて設定します。モードダイヤルに関しては第2回を参照してください。

前回は、カメラの説明で終わってしまったので、今回からカメラを構えてみたいと思います。

モードダイヤル

  • 数字が大きい(絞る)→奥の背景までピントが合う
  • 数字が小さい(開く)→対象外以外はぼける

奥行きのある風景を撮影する場合は、数字を大きくしていきます。どれくらいの値がいいかは被写体によって変わってきますので徐々に設定して感覚をつかんでいきましょう。

絞り優先モードで風景を撮る絞り優先モードで風景を撮る

写真は 横で撮るか 縦で撮るか

写真の のことを 横位置(横構図)縦位置(縦構図) などと表現します。それぞれの利点は以下の様なことです。

縦位置は最初のうちは難しく感じるかもしれません。横位置のほうが見慣れている分、初心者の撮影に向いています。

横位置(横構図)

より自然な印象を持った写真を撮ることができます。目で見るのと同じ感覚で自然に見え安心を感じることができます。

horizontal

縦位置(縦構図)

奥行きや高さを表現した写真を撮ることができます。ちょっと違った感覚が生まれるのでよりオシャレを感じることができます。

portrait

ボケを表現する

一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラで撮影された写真にボケが入っているのを良く見ると思います。ボケのとり方には手法があるのでそれにしたがって撮影すると綺麗な写真を撮影することができます。

背景ボケ

脇役となるものを前面でピントを合わせて、メインとなる被写体を後ろでぼかす手法です。ぼかしすぎるとメインとなる被写体が変わってしまいますので、ぼかしすぎず被写体が判別できる程度にしましょう。

撮影方法

ズームを最大距離にして手前の対象物にピントを合わせましょう。望遠レンズでやらないよう気をつけてください。少し暗くなる場合は露出補正をして明るく撮影することを忘れずに。

background-blur

前ボケ

今度は逆に前にある対象物をぼかすことで後ろの被写体にピントを合わせてみます。

撮影方法

被写体の前にぼかす対象物を置き、奥の被写体にピントを合わせて絞りの数字を小さくしていきます。手前のぼかすものにできるだけ近づき撮影するといいでしょう。

before-blur

かなり難しいのではじめはこだわらず何枚も撮影して覚えていきましょう。

まとめ

今回は色々な撮影手法を説明しました。技術を身につけることでオリジナリティが生まれてきますので最初は似たような写真になってしまっても撮影を続けましょう。