一眼カメラ講座 – 第1回「カメラ・レンズの種類と必要な準備」

スポンサーリンク

女性にも男性にも人気のカメラ。軽くて機能の充実したオシャレな機種も増えてきました。これを機会に基本を学んでみてはいかがでしょう。

カメラの種類

今回は第1回目と言うこともありますので、まずはカメラの種類を簡単に説明してみたいと思います。

一眼レフカメラ

交換レンズが多く高度な撮影が可能です。その反面、本体も大きく重量があるのが難点です。また、値段も高くなかなか気軽には手を出しにくいかもしれません。

一眼レフカメラNikon一眼レフカメラCanon

ミラーレス一眼カメラ

一眼レフカメラと同様にレンズ交換ができますが、小型で軽いのが特徴です。主に女性に人気のある種類です。値段は一眼レフカメラと後述するコンパクトデジタルカメラの真ん中あたりに位置するのでは無いでしょうか。

ミラーレス一眼カメラLUMIXミラーレス一眼カメラOLYNPUS

当サイトでは、持ち運びやすく、それでいて一眼レフカメラと同様にレンズ交換などもできるのでミラーレス一眼カメラをオススメしています。

コンパクトデジタルカメラ

一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラのようにレンズ交換や高度な撮影はできませんが、一番気軽に撮影ができる種類です。価格も安く一度は手にしたことがあるのでは無いでしょうか。

コンパクトデジタルカメラCANONコンパクトデジタルカメラPENTAX

レンズの種類

一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラはレンズが交換できます。交換するレンズは撮影できる範囲の違いで大きく分けて3つあります。
それぞれのレンズには標準ズームレンズ、広角ズームレンズ、望遠ズームレンズとありズームリングをまわすことで写す範囲を変えることができます。
コンパクトデジタルカメラと違い、一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラは交換レンズを購入する必要があります。セット販売されているものも多いので自分のスタイルに合わせて購入してみてください。

標準レンズ

人間の視覚に近い範囲を撮影できます。見たままを撮影するのに適しています。

標準レンズ

広角レンズ

もっとも広い範囲を撮影できますが、周囲が少しゆがみます。広い範囲を凝縮して撮影したいときに適します。

広角レンズ

望遠レンズ

遠くの狭い範囲を拡大して撮影できます。近くのものにはピンとは合いませんので遠くのものを撮影したいときに適します。

望遠レンズ

必要な準備

コンパクトデジタルカメラと違い一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラは持ち運ぶものが多いです。撮影を始める前に持ち物をチェックしましょう。

カメラバック

オススメはインナーカメラバッグ

一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラを使うのであればカメラバックは必須です。特にオススメなのはインナーカメラバッグです。
インナーカメラバッグとはバックの中に入れるカメラバックで、いつも使っているバックをカメラバックに変えることができます。

インナーバックインナーバック

参考:サンワダイレクト インナーカメラバッグ ソフトクッションボックス ワイドサイズ 200-BG019L

カメラバックに入れておきたい

  • カメラ
  • レンズ
  • 予備バッテリー
  • ブロアー※カメラにとって大敵な「ホコリ」をお掃除する為の道具です。

カメラとレンズ
バッテリーブロワー

充電池、記録メディア

充電池や記録メディアなどカメラにセッティングできるものはあらかじめセッティングしておきましょう。入っていないといざと言うときに撮影できないことになります。
記録メディアはカメラの機種や一度に撮影する枚数などによって容量が異なるので自分のスタイルに合わせて容量を決めましょう。複数持つことも可能ですが入れ替え作業が発生するなど煩わしさがあります。できれば一度に撮影する枚数分の容量は確保しておきたいものです。慣れてくれば状況に合わせて使い分けるといったことがわかってくると思います。

まとめ

今回は、カメラの種類と必要な準備について説明しました。シャッターチャンスを逃すことの無いようにしっかりと準備しておきましょう。