iPhoneに付属される?Appleが新型無線イヤホン『Ear Pod』の特許を取得した

スポンサーリンク

iPhone7ではイヤホンジャックが廃止?とも話ですが、そんな次期iphoneに付属されるかもしれない無線イヤホンの特許を取得したようです。

イヤホンジャックが無い?

どうやらiPhone7にはイヤホンジャックは付いていないようです。そのため、イヤホンやヘッドホンで音楽を聴くためにはBluetoothなどの無線通信を行う必要があります。

http://xin.s2.xrea.com/iphone-7-bluetooth-adapter/

次期iPhoneの付属品

iPhoneシリーズでは、これまでにもイヤホンが付属していました。イヤホンジャックが無くなるということで、付属のイヤホンがどういった形になるのか期待されていましたが、特許を取得した新型無線イヤホン『Ear Pod』が付属するのではないかと言われています。

『Ear Pod』とは?

無線でも有線でもiPhoneと接続することができる『イヤホン』です。コードは磁石を用いた着脱式で、無線で使う場合はコードを取り外し必要な場合はコードを接続できるようにしたハイブリッド方式を採用しているとのことです。

イヤホンを無線にする理由

多くのイヤホンで採用されているイヤホンジャックは『3.5mm』であり意外と大きな穴が開いています。スマートフォンの本体は年々薄くなっており、現在でも幅いっぱいにイヤホンジャックが占めているのが本体を見てわかるでしょう。

そのため、本体の厚さを薄くしようとすると、どうしてもイヤホンジャックの太さが邪魔になるわけです。ここからわかるように次期iPhoneシリーズでは現在のものよりも薄型になるようです。

まとめ

そこまで本体を薄くする必要は無いと思いますが、無線イヤホンが主流になるのは大いに賛成です。